政策

将来にわたり住みやすいまちづくりを進めます。
医療、福祉、介護等の社会保障の充実を図り、セーフティーネットを確立したまちづくりを推進します。100点を取れるまで待つのではなく、できることから速やかに実行、スピード重視の行政サービスを実行します。

ムダや既得権を排除し、行財政改革を実行します。
様々な事業について、客観的な視点から定期的に財政のチェックを行い、不採算事業を廃止し、県民のニーズが高い事業に予算をあてていきます。行政サービスは県民自ら選択するという姿勢で取り組みます。将来世代に借金を押し付けないためにも、しがらみのない立場で、この「あたりまえ」に切り込みます。

カジノに頼らない税収増を図る地域経済の活性化を推進します。
若い人、女性、シニアの方々も、働きたい人が活力をもって働ける場の提供に努めます。また、豊かな商工業環境を活かした地域産業の創生と共に、シニアの方や様々な方々の創業を推進します。これらを、国・市と連携し一気通貫の実効性の伴う有効な政策を実行していきます。そこにカジノは必要ありません。

再生可能エネルギーの促進、原発ゼロを目指します。

神奈川の豊かな自然環境を活かした再生可能エネルギーによる地産地消を推進します。地域経済の発展及び多様で冗長性の高いエネルギー供給を実現すると共に、人類の手におえない原発の廃止を目指します。